Ludwig (1972) / ルードウィヒ/神々の黄昏

『ルートヴィヒ』(ドイツ語: Ludwig)は、1972年公開のイタリア・フランス・西ドイツ合作映画である。監督はルキノ・ヴィスコンティ。カラー、シネスコ。最初に日本公開された際の邦題は『ルードウィヒ/神々の黄昏』で上映時間184分。
『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』と並ぶ「ドイツ三部作」の最終作で、バイエルン王ルートヴィヒ2世の即位から死までを史実に沿った形で描く歴史大作である。

 ・ amazon : Ludwig (1972) / ルードウィヒ/神々の黄昏

Ludwig (1972) / ルードウィヒ/神々の黄昏 のあらすじ

19世紀、18歳でバイエルン国王に即位したルートヴィヒ2世(ヘルムート・バーガー)は音楽家ワーグナー(トレヴァー・ハワード)に傾倒し、国の予算を危険にさらすほどの援助を施す。
従姉のエリーザベト皇后(ロミー・シュナイダー)に恋い焦がれるもその恋は叶わず、彼女の妹ゾフィーと婚約するもこれを破棄。
さらに戦争を嫌った彼は前線に弟のオットーを送り出すもののその弟は帰国後、精神を病んでしまう。
数々の苦渋に苛まれた彼はいよいよ厭世的になり、美男の従僕たちとの退廃的な暮らしに耽溺。国王の役目を果たさないことに業を煮やした官僚たちは、彼から王位を引きはがそうと画策し始める……。

関連記事

  1. La terra trema: episodio del mare (1948) / 揺れる大地

  2. Il gattopardo (1963) / 山猫

  3. Senso (1954) / 夏の嵐

  4. Death in Venice (1971) / ベニスに死す

  5. L’innocente (1976) / イノセント

  6. Rocco e i suoi fratelli (1960) / 若者のすべて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。