Gruppo di famiglia in un interno (1974) / 家族の肖像

『家族の肖像』(かぞくのしょうぞう、イタリア語: Gruppo di famiglia in un interno / 英語: Conversation Piece)は、1974年公開のイタリア・フランス合作映画である。監督はルキノ・ヴィスコンティ。カラー、シネスコ、121分。

 ・ amazon : Gruppo di famiglia in un interno (1974) / 家族の肖像

Gruppo di famiglia in un interno (1974) / 家族の肖像 のあらすじ

教授(バート・ランカスター)はローマのアパルトマンで絵画の収集・研究をしながら、管理人のドメニコと家政婦のエルミニアと共に静かに暮らしていた。そこへビアンカ(シルヴァーナ・マンガーノ)とその娘リエッタ(クラウディア・マルサーニ)およびリエッタの同居人ステファノ(ステファノ・パトリッツィ)、そしてビアンカの愛人コンラッド(ヘルムート・バーガー)がやってきて、上階を貸してくれるように頼みに来る。教授は静かな生活が壊されることを恐れて断るが、しつこく頼まれて仕方なくコンラッドを住ませることになった。

教授はあまりにも価値観の違う若者たちの行動に気が滅入る思いだったが、コンラッドが類まれなる芸術の理解者であることを知って興味を覚える。コンラッドはかつては学問好きの青年だったのだが、過激な左翼思想に傾倒して学業を中断し、今は昔の仲間に追われていた。ビアンカの夫は実業家で、ファシズムを支持する右翼の過激派と通じていた。

ある晩、教授は心を開いて彼らを夕食に誘ったが、ビアンカの夫の話になったのがきっかけで口論になり、ステファノとコンラッドが思想的立場の違いから激しく対立して取っ組み合いの喧嘩になり、教授はなす術もなく、コンラッドは立ち去ってしまった。教授は「家族ができたと思えばよかった」と、今までの自分の態度を悔やんだ。翌日、コンラッドは教授に手紙を残して上階で爆死した。教授はショックで寝込んでしまい、やがて息を引き取った。

関連記事

  1. Bellissima (1951) / ベリッシマ

  2. Le notti bianche (1957) / 白夜

  3. Senso (1954) / 夏の嵐

  4. Death in Venice (1971) / ベニスに死す

  5. Lo Straniero (1967) / 異邦人

  6. Vaghe stelle dell’orsa (1965) / 熊座の淡き星影

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。