Roma, città aperta (1945) / 無防備都市

『無防備都市』(むぼうびとし、イタリア語: Roma città aperta, 「開かれた都市ローマ」の意)は、1945年(昭和20年)製作・公開、ロベルト・ロッセリーニ監督によるイタリアの映画である。本作は同年、白黒フィルムで撮影され、ネオレアリズモと呼ばれるイタリア映画の全盛期ともいえる一時代の幕開けとなった。

・ Youtube : Roma, città aperta (1945) / 無防備都市

・ amazon : Roma, città aperta (1945) / 無防備都市

Roma, città aperta (1945) / 無防備都市 のあらすじ

第二次世界大戦末期、イタリアは連合軍に降伏、今まで同盟国だったドイツ軍が制圧中のローマ。レジスタンスの指導者マンフレーディはゲシュタポの追跡を逃れ、資金調達のためローマに来る。警戒が厳しく、結局神父ドン・ピエトロに本に入った資金の配送を依頼、同志の印刷工フランチェスコにかくまってもらう。子供たちもレジスタンスに関わっている。

フランチェスコとピーナの結婚式の日、アパート全体がナチに囲まれ、神父は子供が隠していた爆弾を見つからないようにする。マンフレーディは逃げたが、フランチェスコら同志は捕えられ、それを追ったピーナは路上で巡視兵に射殺される。捕えられた同志たちは途中でレジスタンスの同志に救出され、マンフレーディとフランチェスコはマンフレーディの恋人で女優のマリーナのアパートに逃げこむ。彼女はゲシュタポの婦人部員の陰謀で、同性愛と麻薬中毒になっている。

神父の手引きで別の隠れ家に行く途中、マリーナの通報でナチに襲われ、神父とマンフレーディたちが捕まる。神父の目前でマンフレーディはゲシュタポの凄惨な拷問にあう。「拷問に耐えたら支配民族のドイツ人と同じだと思ってイタリア人を見直す」と豪語する少佐に対して将校は「みな同じだ。この戦争は憎悪を生む」という。一言も自白せずに息絶えたマンフレーディを見てマリーナは気絶。婦人部員は彼女の毛皮のコートを奪い、書記官は「これが支配民族か」とつぶやく。神父もいちいち気に食わないと反逆罪に問われる。遥かサン・ピエトロ寺院の円蓋の見える丘で、神父は「彼らを赦したまえ」と言いながら銃殺され、それを見ていた少年たちは黙々と刑場から立ち去る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Francesco, giullare di Dio (1950) / 神の道化師、フランチェスコ

  2. Europa ’51 (1952) / ヨーロッパ一九五一年

  3. Germania anno zero (1948) / ドイツ零年

  4. Paisa (1946) / 戦火のかなた

  5. Viaggio in Italia (1954) / イタリア旅行

  6. Stromboli (1950) / ストロンボリ、神の土地

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。