Senso (1954) / 夏の嵐

『夏の嵐』(なつのあらし、イタリア語: Senso, 「官能」の意)は、1954年公開のイタリア映画である。監督はルキノ・ヴィスコンティ。カラー、スタンダード、121分。

原作はカミロ・ボイトの短篇小説『官能』(Senso)で、伊墺戦争を背景に、ヴェネツィアの公爵夫人とオーストリア軍の将校との破滅的な恋をオペラ的に描いた歴史大作である。ヴィスコンティ監督初のテクニカラー作品。

 ・ amazon : Senso (1954) / 夏の嵐

Senso (1954) / 夏の嵐 のあらすじ

1866年、オーストリア占領下のヴェネツィア。フェニーチェ歌劇場でオーストリア軍のフランツ・マーラー中尉(ファーリー・グレンジャー)と反占領軍運動の指導者ロベルト・ウッソーニ侯爵(マッシモ・ジロッティ)の決闘騒ぎが起こる。リヴィア(アリダ・ヴァッリ)は従兄のロベルトを救うため、フランツを桟敷席に招き、決闘の申し出を断るように頼む。決闘は免れたが、フランツの密告でロベルトは捕まって流刑になってしまう。リヴィアは夫のセルピエーリ伯爵に助けを求めたが、取り合ってくれなかった。

その夜、フランツと再会したリヴィアは彼に言葉巧みに言い寄られ、恋に落ちてしまう。秘密の部屋を借りて逢瀬を重ねる2人だったが、ある日、約束の時間になってもフランツが現れない。リヴィアは彼の宿舎に行ってみるが、フランツの姿はなく、仲間の将校から彼の遊び癖を聞かされる。やがて開戦し、フランツに会えないまま夫とアルデーノへ行くことになった。

そこへ突然フランツが現れ、リヴィアの思いが再燃してしまった。リヴィアはフランツ愛しさのあまり、ロベルトから預かった義援金を渡して医者の賠償費用にし、フランツを除隊させる。彼を追ってヴェローナへ行くと、酔っていたフランツは娼婦のクララを彼女に会わせ、口汚く罵った。ショックを受けたリヴィアは軍に事実を密告し、フランツは銃殺刑となる。リヴィアはフランツの名を泣き叫びながら暗い夜道を歩いていった。

関連記事

  1. Luchino Visconti / ルキノ・ヴィスコンティ

  2. L’innocente (1976) / イノセント

  3. Death in Venice (1971) / ベニスに死す

  4. Ossessione (1942) / 郵便配達は二度ベルを鳴らす

  5. Vaghe stelle dell’orsa (1965) / 熊座の淡き星影

  6. Bellissima (1951) / ベリッシマ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。