Stazione Termini (1953) / 終着駅

終着駅(しゅうちゃくえき、原題:Stazione Termini)は、ハリウッドの映画プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックが映画「逢びき」に匹敵するメロドラマを作ろうと、イタリア「ネオレアリズモ」の巨匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督を招いて作りあげた恋愛映画の名作。日本でも大ヒットした。キネマ旬報ベストテン第5位。ローマの中央駅を舞台に米国人の若い人妻メアリーの若き青年ジョヴァンニとの愛を描いたメロドラマ。
キャスト:ジェニファー・ジョーンズ、モンゴメリー・クリフト

 ・ amazon : Stazione Termini (1953) / 終着駅

Stazione Termini (1953) / 終着駅 のあらすじ

米国人の若い人妻メアリー(ジェニファー・ジョーンズ)は、 断ち切り難い想いを残してローマの中央駅にやって来た。彼女は妹の家に身を寄せて数日間ローマ見物をしたのだが、その間に米伊混血の英語教師の青年 ジョヴァンニ(モンゴメリー・クリフト)と知り合って、烈しく愛し合うようになってしまったのだ。 彼の激しい情熱に、戸惑うメアリーだったが、やはり夫や子供のもとへ帰国する以外なかった。午後7時出発の列車の席をとったメアリーのもとへ、発車直前、出発のことを聞いたジョヴァンニが駆けつける。熱心に引き留める彼に、メアリーの心は動揺する。汽車を見送り、一度は彼の説得に心を動かされたメアリーだがその時、丁度甥のポール少年が見送りに来たのを機に再び思い留まる。そして別れを惜しみながらも、ついに次の8時半発の列車に乗り込む。

関連記事

  1. Ieri, Oggi, Domani (1963) / 昨日・今日・明日

  2. Matrimonio all’italiana (1964) / ああ結婚

  3. I Girasoli (1970) / ひまわり

  4. Ladri di biciclette (1948) / 自転車泥棒

  5. Umberto D. (1952) / ウンベルト・D

  6. I bambini ci guardano (1944) / 子供たちは見ている

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。