Baarìa (2009) : シチリア!シチリア!

ジュゼッペ・トルナトーレ監督による人生賛歌。30年代から80年代までのシチリアを舞台に、少年から大人へと成長していく主人公の視点を通して、家族の愛や絆を見つめる。監督自身の半生を投影させた温もりあふれる物語に、名匠エンニオ・モリコーネのドラマチックな音楽が彩りを添えている。

Baarìa (2009) : シチリア!シチリア!のあらすじ

30年代、シチリアで生まれたペッピーノは、黄金の詰まった洞窟にまつわる伝説や、父親と時折り見る無声映画に胸躍らせる少年時代を過ごす。第2次大戦を生き抜いた彼は、やがて美しい女性マンニーナと恋に落ちる。周囲の反対をよそに、駆け落ちして結婚にこぎつけるペッピーノだったが、さまざまな試練が彼を待ち受けていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. La leggenda del pianista sull’oceano (1999) : 海の上のピアニスト

  2. La Sconosciuta (2006) : 題名のない子守唄

  3. Stanno tutti bene (1990) : みんな元気

  4. La domenica specialmente (1991) : 夜ごとの夢/イタリア幻想譚

  5. Nuovo cinema paradiso (1989) : ニュー・シネマ・パラダイス

  6. Malena (2000) : マレーナ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。