Vittorio De Sica / ヴィットリオ・デ・シーカ

ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio De Sica, 1901年7月7日 – 1974年11月13日)は、イタリア出身の映画監督・俳優。

カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭の最高賞に輝き、アカデミー外国語映画賞も受賞した。俳優としてもアカデミー助演男優賞にノミネートされている。

Vittorio De Sica / ヴィットリオ・デ・シーカ の経歴

1901年7月7日にイタリアのフロジノーネ県ソーラで会社員の末子として生まれる。父の給料は少ないため生活は苦しく、2人の姉と共にアルバイトで家を助けながら高校を卒業した。高校卒業後は俳優の道を歩み、兵役で芸能活動を中断しながらも、二枚目の役者・流行歌手として人気を得る。1931年ごろからイタリア映画に出演、マリオ・カメリーニの下で映画を学び、1940年に『紅バラ(英語版)』で映画監督としてデビューした。

1944年に脚本家のチェーザレ・ザヴァッティーニとコンビを組んで制作した『子供たちは見ている』は、ルキノ・ヴィスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』、アレッサンドロ・ブラゼッティの『雲の中の散歩』と並んでネオレアリズモの嚆矢と見なされている。

第二次世界大戦後に再びザヴァッティーニと組んで制作した『靴みがき』や『自転車泥棒』は、ネオレアリズモを代表する作品として評価されている。1951年の『ミラノの奇蹟』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞するが、1950年代に入ってネオレアリズモの動きは停滞し、旗手の一人であるデ・シーカもまた壁に当たる。

1953年に資金獲得のために方向性を転換してアメリカ映画界の俳優を起用した『終着駅』を制作する。

1957年には『武器よさらば』にイタリア人軍医役として出演し、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。老年に至っても『パンと恋と夢』『ロベレ将軍』などの作品に俳優として出演した。

1970年、ソビエト連邦の後援によって『ひまわり』を発表、1971年の『悲しみの青春』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。

Vittorio De Sica / ヴィットリオ・デ・シーカ の作品

監督作品
・Rose scarlatte (1940年) – 共同監督
・Maddalena, zero in condotta (1940年)
・金曜日のテレーザ Teresa Venerdì (1941年)
・Un Garibaldino al convento (1942年)
子供たちは見ている I bambini ci guardano (1944年)
・La Porta del cielo (1945年)
靴みがき Sciuscià (1946年)アカデミー外国語映画賞
・Cuore (1948年) – 共同監督
自転車泥棒 Ladri di biciclette (1948年)アカデミー外国語映画賞
ミラノの奇蹟 Miracolo a Milano (1951年)
ウンベルト・D Umberto D. (1951年)
・Villa Borghese (1953年) – 共同監督
終着駅 Stazione Termini (1953年)
・L’oro di Napoli (1954年)
・屋根 Il tetto (1956年)
・Anna di Brooklyn (1958年)
・ふたりの女 La Ciociara (1960年)
・Il giudizio universale (1961年)
・ボッカチオ’70 – Boccaccio ’70 第4話「くじ引き」(1962年)
・アルトナ I Sequestrati di Altona (1962年)
・黄金の五分間 Il boom (1963年)
昨日・今日・明日 Ieri, oggi, domani (1963年)アカデミー外国語映画賞
ああ結婚 Matrimonio all’italiana (1964年)
・恋人たちの世界 Un mondo nuovo (1966年)
・紳士泥棒 / 大ゴールデン作戦 Caccia alla volpe (1966年)
・華やかな魔女たち Le Streghe (1966年) – オムニバス作品の1編
・女と女と女たち Woman Times Seven (1967年)
・恋人たちの場所 Amanti (1968年)
ひまわり I Girasoli (1970年)
・Le Coppie (1970年) – オムニバス作品の1編
悲しみの青春 Il Giardino dei Finzi-Contini (1971年)アカデミー外国語映画賞
・Lo chiameremo Andrea (1972年)
・Una Breve vacanza (1973年)
・旅路 Il Viaggio (1974年)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Roberto Rossellini / ロベルト・ロッセリーニ

  2. Luchino Visconti / ルキノ・ヴィスコンティ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。